港カフェ ブレス-breath

昼は造船所の作業風景。夜は都市高速の夜景を眺められる特別な空間

造船所のクレーンが見える中央区港の裏路地に、築45年になる古民家を リノベした古民家カフェがひっそりと佇む。ぶ厚い鉄扉を開けると、意外に奥行のある店内、1階はアクセサリーや布小物などの雑貨が並ぶいわゆる”レンタルスペース”で作家さんの手作りアイテムが展示され2階がメインのカフェスペースに。

2階に上がると、東側にはめ込まれた窓一面に見えるのは造船所の作業風景。普段あまりみることのない大型のクレーンや重機をみると異空間に迷い込んだような感覚に。

夕方から夜に訪れると窓から見えるのは福岡都市高速・荒戸大橋の明かりとそこを走る車のヘッドライト。昼間とはまた違う、少し幻想的な光景を見上げながらいただく珈琲とスイーツは格別。

ランチタイム(11:30)から夜遅く(23:30)まで営業しているので、ランチやカフェメニューだけでなく軽食・スイーツ・夜ごはんにアルコールまで、どの時間でも行きやすいメニューが充実。

店内には無線LANも設置されているので、ノマドワーカーにもうれしい。ついつい長居してしまう居心地の良い空間。

店舗情報

店名 港カフェ ブレス-breath
住所 福岡市中央区港3−3−20
電話番号 092-202-0011
定休日 水曜日
営業時間 11:30-23:30(OS23:00)
ホームページ